デジカメに関する様々な情報を掲載しています。

防水デジカメをもって南の海へ

沖縄などの南の海に出掛けるときには、防水機能のついたデジカメはお勧めです。
スキューバダイビングなど本格的に海に潜る人はもちろん、シュノーケルをつけて海辺やちょっと沖へ泳ぎに出るくらい、という人も、1台あると海の楽しみが飛躍的に増えます。
海の透明度が素晴らしい沖縄では、浮き輪につかまって水面を漂っているだけで、海中の色とりどりの魚を見ることができます。
使い捨ての水中カメラもありますが、撮影枚数も限られていますし、ズーム機能も十分ではありません。
デジカメなら、見かけた魚を何枚でも好きなだけ撮影でき、海での楽しみが広がります。
新たにデジカメを買うのは費用が、という場合は、防水ケースなら1万円程度で購入できます。
防水機能によって、潜れる深さが決まりますので、ダイビングをされる方は10〜30メートル、素潜り程度の人なら5〜10メートル、泳いだり、水辺の子供の写真を撮るのがメインという方は3メートル程度の機能があれば、大丈夫です。

雨が多い国に行く際の必需品防水デジカメ

現在において旅行先に選ぶ国として人気となっているのが東南アジアです。
その理由としては暖かい気候のため過ごしやすい他にも国民性が温和な性格であることから人気となっています。
しかし東南アジアを旅行をするにおいてネックになるのがスコールです。
これは東南アジアの暖かい気候と北からの冷たい空気がぶつかり合うことで局地的な大雨になることです。
そのため手持ちの電子機器が突然のスコールによって壊れる場合があります。
その中でも雨に弱い機器がデジカメであり注意が必要です。
しかし旅行先の思い出を残したいとそれをパソコン内で保持しておきたい人が多いことから、この天候が荒れる可能性のある旅行先に行く際にお勧めなのが防水加工されているデジカメです。
この防水加工されているデジカメは機器内部に水が入らない構造に作られているため壊れないのです。
そのため防水加工をしている機器を利用すると海の中の風景も映せることから、この東南アジアを含めて海の名所で活躍できます。

pickup

Last update:2017/3/2

>>TOP<<